生産管理の重要性とは?生産管理システムの導入により、管理の質を向上させよう

生産管理

原材料の高騰や市場状況の変化などにより、製造業の経営環境は厳しくなっています。そのような中で、原価や在庫を適切に把握・管理し、リードタイムを減少させて製造のスピードアップを図ることは重要です。

この記事では、製造業で健全な経営を行うためには欠かせない、生産管理についてその重要性と課題、システムの活用まで説明します。

1. 生産管理とは何か、なぜ重要なのか

生産管理とは、製造業において、販売計画に基づいて生産計画を立案し、その計画に沿うように製造工程を管理することです。原材料費や人件費の高騰により、コストが増加傾向にあり、市場の競争が激化する中では、経営状況をタイムリーに把握し、適切な対応を迅速に行うことが求められます。

製造業では、原材料・部品費や歩留まり率、在庫数や生産能力などの製造に関わる様々な要素が利益に大きく影響します。そのため、これらの複数の指標を正確に把握し、適切に管理する生産管理は利益向上のために非常に重要です。

2. 生産管理に含まれる業務

原材料や部品の仕入れから、製品が出荷されるまでには多くの工程があります。そのため、生産管理に含まれる業務も多岐に渡ります。主なものを取り上げます。

生産計画

製造ラインの生産能力と販売計画に基づき、何を、いつまでに、いくつ、どこで製造するかの計画を立てます。

調達計画

生産計画に基づき、原材料や部品を調達する計画を立てます。仕入れ先の選定や、価格交渉も行います。

在庫管理

原材料や部品、仕掛け品、完成品の在庫を適切に管理します。過剰な在庫は、利益を圧迫してしまいますが、逆に在庫が不足すると、タイムロスによる機会損失が発生します。

工程管理・進捗管理

作業手順や工数を管理し、製造のプロセス進捗を管理します。ムダな作業工程がないかを確認し、作業のムダやムラを削減して、生産スピードを向上させます。

品質管理

製品の品質を確認し、自社の品質基準に沿うように維持・改善します。

原価管理

標準原価を設定し、製品にかかる実際原価を算出します。実際原価と標準原価に差異がある場合には、標準原価に近づけるように調整・管理します。

3. 生産管理の課題

生産管理は非常に重要ですが、その範囲が広いこともあり、以下のような課題を抱える企業も少なくありません。

部門間の連携がうまく取れず、ロスタイムが生じる

生産管理業務を複数部門で行っている場合、部門間の連携がうまく取れないと、問い合わせなどによってロスタイムが生じます。この結果、各計画立案に時間を要し、スケジュールに遅れが発生する場合があります。

生産負荷の平準化が難しい

あるラインや作業員では生産に余裕があるにも関わらず、別のラインや作業員では負荷が高いという状況が起こりえます。この場合、余裕のあるラインや作業員に生産をまわすことができれば、生産効率を高めることができますが、各ラインや作業員の負荷をタイムリーに把握することが難しいため、平準化しにくくなっています。

原価の差異分析をタイムリーに行えない

実際原価と標準原価の差異分析は、タイムリーに行い、PDCAサイクルを早く、多く回すことにより改善することが望ましいです。しかし、製造業の原価の算出には、原材料や部品費だけではなく歩留まり率や生産時間・作業時間などの複数の要素が関連します。そのため、生産が完了するまでは正確な差異分析が行えないケースもあります。

設計変更が加わると、スケジュールが遅れる

大量生産型ではなく、個別受注型の生産を行っている製造現場では、仕様がなかなか決まらないことや、設計に変更が加わることがあります。このような場合、仕様確定までの待ちの時間が発生したり、設計変更の影響範囲を把握するのに問い合わせの時間がかかったりするなどで、ロスタイムが発生することがあります。これらのすり合わせによるロスタイムにより、生産スケジュールや納期に遅れが発生してしまいます。

海外の現地管理では、品質を保てない

国内の人件費高騰により、海外工場で生産を行う企業も多くなっています。しかし、現地では歩留まりや品質に対する考え方が異なり、日本国内と同様の品質管理を行うことに難しさを感じる企業も少なくありません。品質管理や歩留まりが低下することにより、製造原価が高騰し、影響を受けてしまうことがあります。

4. 生産管理システムとは?どのようなことが行えるのか

生産管理は重要でありながら、範囲が広いため、状況を正確に一元管理することができなければロスタイムが生じ、利益に影響を及ぼしてしまいます。この生産管理を簡単に行えるようにサポートするシステムが、生産管理システムです。

生産管理システムは、各工程でのデータを正確かつタイムリーに見える化し、一元管理することで、リードタイムや作業のムダを減少することができます。たとえば、以下のようなことが可能になります。

計画立案のロスタイムが減少

生産管理業務が複数部門にまたがる場合でも、データを一元管理することが可能です。これにより、部門間で問い合わせを行う必要が少なくなり、問い合わせによるロスタイムを減少させることができます。

生産負荷の平準化を行える

製造現場を負荷グラフ等で見える化することにより、生産設備の負荷状況・稼働状況をリアルタイムに把握することができます。これにより、生産負荷の標準化が行えるようになります。また、停止時間や停止回数を把握することにより、設備トラブルを事前に察知したり、トラブルの傾向を把握したりすることができます。

原価の差異分析をタイムリーに行える

生産管理システムでは、リアルタイムに生産状況をデータ化しています。そのため、これらの生産データと原価データを組み合わせることにより、生産時間や作業時間、歩留まりを考慮した正確な原価計算を行うことができます。また、定期的に原価の差異分析を行うことにより、原価管理のPDCAサイクルを素早く、多く回すことができます。

設計変更に柔軟に対応できる

生産におけるデータが一元管理されていることにより、個別生産の場合に設計変更が行われても、生産に与える影響をすぐに把握し、対応することができます。

システムによっては、仕様確定前に、原材料・部品手配のフローをまわせるようにすることでリードタイムを減少させることができる機能を持つものもあります。

海外工場での生産管理の質を向上させることができる

生産管理システムを本社と海外工場に導入し、同じデータベースで一元管理することも可能です。これにより、海外工場での生産データも本社側が把握することができ、全社統一の品質基準を徹底することができます。

まとめ

厳しい経営環境下で、製造業が生産のムダをなくして経営状況を改善するには、生産管理が重要です。

生産管理は業務範囲が広く、複数部門で管理することも少なくありません。そのため、連携の難しさや課題もありますが、生産管理システムの利用により、データを見える化・一括管理でき、正確かつ迅速な生産管理が可能になります。

自社の生産管理の質向上のために、生産管理システムの導入も検討してみてください。

メニュー