既知のOSやアプリケーションの脆弱性を「推奨設定検索機能」で発見することができます。
見つかった脆弱性には自動的に仮想パッチが適用され、煩雑なパッチ管理の負担を軽減する事ができます。既にウイルスバスターコーポレートエディションが導入されている環境であれば、既存の環境を変えずに導入ができ、一つの管理コンソール上で統合管理も可能です。

日々メーカーから公開される脆弱性のパッチは、その重要度や深刻度もさまざまで、システム管理者は日々の情報収集と、適用に対する緊急度の判断という、大きな負担がかかり続けます。
脆弱性対策オプションは、推奨設定検索によってパッチ適用が必要な部分を自動で検索する事が出来ます。