リングネットワークとは、ネットワークをリング状に構成したプロトコルです。
リングネットワークでは、リングを構成する全てのスイッチのうち、経路制御を行うのはリングマスタと呼ばれる装置一台のみとなります。

リングマスタはネットワーク全体に制御パケットを送信します。制御パケットがリングを巡回して元に戻ってきた場合は異常なしと判断して冗長経路をブロックし続けます。制御パケットが戻ってこなければ、ネットワークが切断されたと判断し、冗長経路のブロックを解除してネットワークの到達性を確保します。
経路制御を行うスイッチはマスタのみとなる為、シンプルなネットワーク構成でトラブル発生時の切り替えも高速に行われます。