WSUS を一言で表すと「社内版Microsoft Updateサーバ」です。このサーバを導入することで、社内環境の更新プログラムの集中管理することができます。

社内にMicrosoft Updateサイトと通信するための専用サーバ(WSUSサーバ)を配置する仕組みをとります。このサーバにより、クライアントが適用すべき更新プログラムを明示的に指定して社内LAN経由で配布したり、インストール結果をサーバにレポートさせたりできるようになります。また、内部的にはクライアントの自動更新の仕組みがそのまま使われていますので、WSUSの導入によってユーザーに新たな負担を与えるということがありません。