ドメインの認証情報を利用し、マイクロソフト社製Webサーバーであるインターネットインフォメーションサービス(以下IIS)とブラウザを認証させることを「統合Windows認証」といいます。

「ガルーン」は統合Windows認証が利用可能です。
統合Windows認証と「ガルーン」が標準搭載する環境変数認証を組み合わせることで、Windows端末にユーザーがログインすると、「ガルーン」に自動的にログインさせることが可能になります。

これにより、ユーザーのログイン操作の手間を省くだけでなく、パスワード忘れによる情報システム担当者への問い合わせ対応コストも削減されます。
また、社内システムが増えていくことでよく見かけるようになった、「付箋紙でパスワードをパソコンに貼っている」などの情報セキュリティリスクの回避にもつながります。